SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

ヤフオク初心者が不用品を出品したい?発送前の準備は大丈夫?

こんにちは!zaki@neoneet_zakiです。

前回の記事で、ヤフオクで出品するまでにやらなくてはならない事を書きました。

neoneetzaki.hatenablog.com

今回は初めてのヤフオク出品時に注意することや、用意するべきものを書いていきます。

 

ヤフオク初心者初めての出品!まず何を売るか!

さて、ヤフオクを利用しての初めての出品ですので、まずは出品する商品を決めなくてはなりませんね。

あらかじめ「これが売りたい!」と決めている人ならば、その商品を出品なさってください。

ですが、漠然と「ヤフオクでなんか売ろ!」と考えていた人ならば、出品する商品が決まっていませんよね。

そんな時はとりあえず「家にある不用品を売ることをお勧めします。」

 

なぜ家にある不用品を出品するべきなのか?

それは勿論「仕入れる必要がないから」です。

ヤフオクで継続的に稼ぎ続けるためには、安定した商品の確保が重要になってくるんですけど、初めはどんなものが価値があるのかわからないし、その商品の相場もわからないかと思います。

正直に言えば、稼ぎ続けたいのか、ただ不用品を高く売りたいだけなのかで、やるべきことは大きく違ってきますが、まずは出品することに慣れる事が重要です。

どちらにしましても、「商品を出品する」という点では変わりませんからね。

始めは、とにかくリスクのないものを売って出品することに慣れましょう。

「良い評価」の底上げにも繋がりますからね。

不用品をヤフオクで売ることに慣れると、そこらの中古屋に持っていくのがバカバカしく感じるようになりますよ。

 

家に不用品はあるけど何売ればいいの?

家の中に不用品はいっぱいあるけど、何売ればいいのかわからない・・・

始めは誰もが悩むでしょう。

ですが基本的にヤフオクは「何でも売れます」。

一見何の価値もないようなものが「え!?これがこんな値段で!?」なんてことも往々にしてあります。

だから利用規約に違反しなければ「何を出品しても構いません」。

ただし、なんでも出品できるからと言って、その全てが確実に売れるとは限りません。

やはり物には「需要」がありますからね。

そんな時に役立つツールがこれです。

オークファン

このツール使えばヤフオクや楽天オークション、モバオクやebayなどの様々なオークションサイトの落札相場を知ることができます。

落札相場がわかれば、おおよそのその商品の価値は把握することができるでしょう。

是非、使うことをお勧めします。

 

出品する商品が決まったら!

不用品が決まったら後は商品を出品するだけですが、落札される前に用意するべきものがあります。

これまで、ネットで買い物をしたことがある人が殆どだと思いますが、その時商品は梱包されていましたよね。

そう!、梱包材が必要になります。

 

梱包材は何を使えばいいの?

これは出品する商品によって様々ですので、一概に「これがいいよ!」とは言えません。

ですが、最も汎用性があり、融通が利く梱包材はやはりプチプチでしょう。

おそらく、近くのホームセンターなどに行けば高確率で取り扱っていると思いますが、店舗で買うのは結構割高ですので、ネットで購入することをお勧めします。

出品する商品にもよりますが、思っている以上にコストがかかるので、できる限りコスパの良いものを選びましょう。

私は多用するので、大きなロール巻の物を使ってます。

とりあえずは10メートル巻きで十分だとは思いますよ。(扱う商品しだいですが)

 

 私はこのタイプを使っています。

基本的に梱包はできる限り小さくするのがマナーです。

送料は落札者負担が多いですからね。

なので「定形外」郵便が可能なものは定形外を希望する落札者が殆どです。

そういった場合はこのような封筒を使うと安心です。

 

このタイプの封筒は店舗で買うとかなり割高ですので、まとめて買う方が後々かなりお得ですよ。 

封筒の中に緩衝材が入っていますので、運搬時の保証のない定形外郵便には必須です。

 プチプチで梱包したら基本的には「段ボールに」入れて送ることが多いかと思います。

段ボールも店舗で買うとかなり割高ですし、あまりにも汚れているものや、傷んでいるものは「悪い評価に」繋がるおそれがあります。

なので、できる限り綺麗なものを使いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 基本的に扱う商品が入る最小の物を選んでください。

もし、少し大きいサイズを使わざるを得ない場合は、「超過送料分」は自分で負担することも必要です。

梱包は落札者の目に最初に映る部分ですので、「丁寧かつ過剰になり過ぎない」梱包を心がけましょう。

最後に

これで、出品の準備は万端ですね。

次回は出品の内容を具体的に説明していきますよ!

おわり!!

 

もしお役に立てたり、面白いと感じて頂けたら読者登録お願いします。