SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

【グロ注意!!飯時には見るなよ!!】クレイジーな同級生Bちゃん

私の黒歴史 私の黒歴史-悲報

こんにちはzaki@neoneet_zakiです。

私が小学校低学年の頃の話です。

小学校の登下校には、登校班と下校班という班がありまして、朝は6人程、帰りは同じクラスの子と3人で帰っていたんです。

下校班は女子が2人と男は私だけだったのですが、仲良く話しながら帰っていました。

ここではAちゃんBちゃんとします。

私はAちゃんとは家も近く、休日もよく遊んだりしていたのですが、Bちゃんとはそこまで話したりもしませんでした。

というか、あまり喋らない子でして、話しかけても「うん・・・」とかで終わる子でしたので、話が続かなかったのですよ。

そこでなるべく仲良くなりたい私は、毎日Aちゃんと二人で積極的に話しかけることにしたのです。

クレイジーなBちゃん

私「Bちゃんは休みの日なにしてるの?」

Bちゃん「虫食べてる・・・」

ん?今なんて言った?

Bちゃん「虫食べてる・・・」

虫・・・食べてる・・・・・・虫食ってるの!!??

どういうことだ・・・

虫を食べてるだと!?

そう思った私はBちゃんに真意を聞いてみました。

私「いやいやうそでしょ??」

Bちゃん「虫とかをバラバラにして食べるの・・・」

Aちゃん「・・・」

私「いやうそでしょ?そんなわけないじゃん!」

あまりにもリアリティがなかったので、思いっきり否定してしまった私・・・

すると気に入らなかったのか、畑の方に走って行ってしまいました。

私「怒ったかな?」

Aちゃん「このくらいで怒らないよ大丈夫!」

そんな会話をしていると戻ってくるBちゃん。

凄いスピードで走ってきます。

Bちゃん「これ・・・」

!?!!?!?!?!?!

私「うわぁぁぁっぁっぁっぁっぁあああ」

Aちゃん「きゃぁぁっぁぁあああぁあ」

手にはバッタが握られていました・・・

私はこの頃からバッタが大嫌いでした。

 するとおもむろにバッタの足をもぎはじめます。

私「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

Aちゃん「きゃぁぁぁぁ気持ち悪いからやめて!!」

Aちゃんの静止にも全く耳を貸さずバッタの足をもいでいきます。

私は恐怖で動けませんでした。

そして足のなくなったバッタを・・・・・・

パクッ!!!

バリバリ・・・モグモグ・・・グチャ!!

食った・・・バッタ食った!!!

私「うわぁぁあぁぁっぁぁぁ!!」

私はあまりの恐怖に駆け出します!

笑いながらBちゃんは追いかけてきます!!

笑いながら

それに続いてAちゃんも駆け出します。

Aちゃん「待って!!置いてかないで!」

そんな声が聞こえますが、当時の私は止まる事はできませんでした。

あまりの衝撃にしばらくご飯が食べられませんでしたね・・・

特に緑色の物は無理でした。

それからの下校時は地獄でした。

素を見せたことに安心したのか下校時に必ず虫を食うのです。

でもこんなことを先生や親に言うことができず、一年間を過ごしました。

Aちゃんはなんでも食べていました。

道端の草や石までも・・・

学年が上がりクラスが変わったのでAちゃんとはそれ以来関わっていないのですが、今思うと寄生虫とか心配ですね。

私はバッタにやたらと縁があるようです。

 

neoneetzaki.hatenablog.com

 

おわり!!

 

もしお役に立てたり、グロいと感じて頂けたら読者登録お願いします。