SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

友人から「なぜ太っている人は痩せようと思わないのか?」と質問されたので考えてみた。

先ほど、友人から質問されたんです。「なんで太っている人は痩せようと思わないの?」ってね。

太っている人

私は、比較的痩せ型です。なので、太っている人の悩みは経験がないんですよね。

ですが、痩せている人の悩みは共感できることもあります。

なので「なんで痩せている人は太ろうと思わないのか?」こっちに置き換えて考えました。

1.なぜ痩せてるのに太ろうと思わないの?について

これは結論を言えば「太れないから!!」です。これって太っている人からしたら「何?煽ってんの?」ってなるかもしれないんですが、「痩せていて太りたい人もいるんですよ!!」ってことを言いたいですね。

周囲から言われ続けてきた。「もうちょっと太った方がいいよ」という言葉

散々言われまくってきたんで、大嫌いな言葉なんですけど(特に職場とかで言われることが多かった)。

「もうちょっと太らないと」とか「細いねー」とか「ご飯食べてるの?」とか挙句の果てには「あんまり痩せてると奥さんが何も食べさせてないとか思われるよ?」だそうです。

いやいや、こっちからしたら「大きなお世話です。ちゃんと3食、食べてますから!!」って話ですよ!!

そんで、「なんで私が痩せてたら嫁の責任になるの」?って話です。

体質的に太りにくいor痩せにくい人もいるんだよ。

よく「努力が足りないから」とか「忍耐力がないから」とかで片づける人がいますけどこの世には「体質的に太りにくいor痩せにくい人もいますから!!」ってことを言いたいです。

これ、本当にどうしようもないんですよね。私なんか1日3食たべて2.3年引きこもっていても体重かわりませんし、逆に同じ量食べてどんどん太る人もいるでしょう。

これは、究極的に痩せるor太る努力をした場合はこの限りではないですが。

そもそも、そんなに痩せるor 太る必要があるのか?

というか、そこまでして体重を変える必要あるんですかね。?そりゃ、命の危険があるほどやばいのであれば話は別ですが、日常生活を送るのに自分がストレスを感じないのであれば、体重なんかどうでもよくないですか。?

実際どうなんでしょう、太っていることと、痩せていることのデメリットを書いていきます。

太っていることのデメリット

・忍耐力がないと思われる可能性がある。

・健康を害する場合がある。

・疲れやすい。

・清潔感を出しづらい。

・サイズが合う服が限られる。

・狭いところが苦手

痩せていることのデメリット

・健康を害する場合がある。

・サイズが合う服が限られる。

・なんか心配される。

・「男なのに」とか言われる。

今思い付いたのは、このくらいですかね。

言うほどデメリットないですね。別に誰かに迷惑かけてるわけじゃないですし。

次にメリット書いてみましょう。

太っていることのメリット

・笑っていると比較的愛想よく見える

・意外と動けると驚かれる(ギャップ効果)

<このイメージがマイナスに働くことはほぼない>

動けるデブ

・いざという時生命力がある(遭難時など)

 

 痩せていることのメリット

・服のサイズに困らない(似合うかは別の話)

・少し筋肉をつければ細マッチョになれる

・意外な隙間に入れる

 

ぱっと思いついたのはこれくらい・・・

あれ?意外とメリットもないな。(笑)

 

まとめ

早急に、太るor痩せる理由がないからじゃないですかね。本気でやばくなったらみんな死に物狂いで努力するでしょ。? 少なくとも「あと1年以内に10キロ太らないと死にますよ」って言われたら私は必死で太ります。(笑)

まあ疑問に思うのは勝手ですけど、体型でその人の性格なんかを勝手に決めつけるのはやめた方がいいですね。

おわり。