SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

立ち合い出産で迷っているなら絶対に経験するべき3つの理由

こんにちは!zaki@neoneet_zakiです。

昨日めでたく第二子を授かることができました。

たくさんの「おめでとう」を頂き、涙が出るほど嬉しかったです。

この場を借りてもう一度お礼を申し上げます。

私としては二度目の立ち合い出産でしたので、それなりに「慣れ」というか、一回目の時ほど緊張しなのかな?とか思ってましたけど無理でした。(笑)

やはり慣れるものではありませんね、そもそも私は一度目の立ち合い出産で「過呼吸」になっていますので、むしろ今回の出産の方が緊張していたような気がします。

 

neoneetzaki.hatenablog.com

 ここでこの記事を読んでくれているあなたに伝えたいのは「立ち合い出産」をするかで迷っているなら是非やってくださいということです。

立ち合い出産は人生観を変えうる

人生観

全員がそうなるとは限りません、ですが、少なくともあなたが立ち合い出産をした経験は絶対にマイナスにはなりません。

自分の妻が陣痛で苦しみ、何もできない自分を悔いながらもその場を共有した経験は絶対にあなたをレベルアップさせてくれます。

立ち合い出産はそれほどまでに、莫大な経験値を得られる人生で数少ないチャンスです。

途中で苦しくてその場から逃げ出したくなるでしょう。

家族の苦しんでいる姿を見るのはあなたが思っているよりずっと辛いものです。

どれだけこの苦しい時間を耐えたら、我が子に会えるのかはわかりません。

難産で何日も苦しむかもしれません、それでも絶対に経験するべきです。

それだけの価値が立ち合い出産にはありますよ。

 

我が子が産まれてきた時の感動はその瞬間にしか味わえないよ

我が子

<生まれてすぐの我が子です>

産まれる瞬間の感覚はその場にいないと絶対に味わえません。

妻と二人で苦しさを乗り越えた時の感動は絶対に忘れられない思い出になります。

そして産まれた我が子に触れた時に湧きあがる思いは、自分が親になったことのスイッチを一発で入れてくれるでしょう。

こんなに小さな赤ちゃんが産まれたてなのに必死に生きようとしています。

自分の子供がこんなにも頑張っているのですから、頑張らずにはいられません。

 

悩みが多ければ多いほど立ち会うことで進むべき道が明確になる

進むべき道

誰しも悩みを抱えて生きていますよね。

それはもう様々で、自分が何をしたら良いのか、本当に進むべき道が合っているのか、これを解決しなくては、こうしたいのにできない、こうなりたい、やりたいけどできない、数え切れない程の悩みの種類があります。

でもね、不思議なことに我が子を見た瞬間に吹っ切れます。(笑)

吹っ切れるって表現だと「悩みを解消できていないじゃん!!」思われるでしょうけど、悩みが悩みでなくなるというか、そこまで深刻にとらえなくなります。

これってすごいことだと思いませんか?どんなに考えても解決しなかった悩みをその存在だけで浄化してしまうのですから。

それほどの力が生命の誕生にはあるのです。

理論的に説明できるものではないのかもしれませんが、少なくともこの荒みまくっていた私の心を回復させたのは間違いないです。

 

まとめ

とにかく立ち合い出産で迷っているならば、「絶対にやるべきです」おそらくこの記事を見る方は初めての出産の方が多いかと思います。

憶測であれこれ考えるよりとりあえずやりましょう(笑)

想像以上の経験が絶対にあなたを数段レベルアップさせてくれますよ。

おわり!!

 

もしお役に立てたり、面白いと感じて頂けたら読者登録お願いします。