SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

zaki家G【ゴキブリ】殲滅力ランキング!!

zakiの雑記

こんにちは!zaki@neoneet_zakiです。

我が家はゴキブリに対する耐性が中々強い人間が多いです。

やはり昔からゴキブリと戦ってきた人達は違いますね‼

今回は私の家の「G殲滅力ランキング」を書いていきたいと思います。!

 

zaki家G殲滅ランキングとは・・・

 

 

自宅環境下におけるゴキブリを殲滅する力を家族内でランキングにしたものである。

現在、2名(父・長女)は県外にて活動中であるため、我が家に残っている7名(赤ん坊は圏外)でランキングを争う!

武器の使用は可!殺虫剤!自作の武器等なんでも使用して良い事とする。

 

ランキング7位・zaki!

f:id:neoneetzaki:20160721120732p:plain

 

残念ながら最下位になってしまったのがこのブログを書いている私である。

何故なら、基本的にゴキブリという生命体の半径3メートル以内に近づくことができず、有効な攻撃手段もない・・・

どうしても戦闘を避けられない場合は、基本的に遠距離からの「輪ゴムでの応戦」となる。

私自身の射撃能力は中々に優秀で、2メートル以内であればハエなどの小型の害虫であっても8割の確率で射貫くことが可能!

だが、ゴキブリクラスの相手になると決定的な「攻撃力不足」に陥り撤退を余儀なくされる。

近年「対ゴキブリ用割り箸鉄砲(zaki丸)」を開発中であり、これが完成すれば一気にランキング上位に食い込むであろう。

 

ランキング6位・長女

f:id:neoneetzaki:20160721122045j:plain

この子が私の第一子である。

ほっぺたに米が付いているが、あまり気にしないで頂きたい。

外見は嫁・内面は私に似てしまったため、最高に虫嫌いに育ってしまった・・・

基本的な彼女の役割は「優秀なサーチ能力」にある。

誰よりも早くゴキブリを発見し、大声で叫ぶことによりランキング上位者にゴキブリの存在をいち早く伝え速やかに撤退する。

ただ、飛んでくるゴキブリには相当なトラウマがあるようで、発見時にはパニックのため自爆することも少なくない。

 

ランキング5位・嫁

f:id:neoneetzaki:20160721123022j:plain

TOP3には入れなかったものの、私や長女と比べ遥かにゴキブリに対する耐性は高い。

彼女の凄いところは、ゴキブリが死んでいれば「素手で掴める」ところにある。

ゴキブリというのは例え死体であっても生理的に素手では触りたくない人が大多数であろう。

よってその辺で駆除してしまった場合は、死体の処理に苦労することになる。

だが彼女は死体であれば「触覚を掴み処理する」ことができるので我が家の死体処理班として活躍している。

 

ランキング4位・祖母(壊れたラジオ)

f:id:neoneetzaki:20160721124550j:plain

我が家で最も重病の持ち主なのだが、不思議なくらい元気な人である。

基本的に声がデカいので我が家では(壊れたラジオ)と言われている。

昔ながらのカカア天下を体現している人であり、祖父が最も苦手な人であろう・・・

基本的にゴキブリなんぞには全く臆することはない上に、目が悪いためその存在を認識することすら稀・・・

仮に認識しても何かしらその辺の物で叩き潰して終了するので、体が不自由なこと以外はゴキブリにとってかなり脅威な存在である。

 

ランキング3位・母(我が家の・アクセラレータ)

f:id:neoneetzaki:20160721132823j:plain

この今にも八卦六十四掌を繰り出しそうな人が私の母です。

スーパー都合のいい聴覚の持ち主で、自分の話はするが人の話には耳を貸さないという困った人。

こっちが聞いていようがいまいが問答無用で話してくるので、いつの間にか「アクセラレータ(一方通行)」の称号を欲しいままにした。

だが、主婦歴28年の経歴は伊達ではなく、スリッパでゴキブリを叩き、尚且つ中身がハミ出ない絶妙な力加減で絶命させるという神業の使い手。

ちなみに身長がかなり低いので父からは「豆タンク」と呼ばれている・・・

 

ランキング2位・祖父(死にかけの筋肉)

f:id:neoneetzaki:20160721134514j:plain

祖父は写真がなかったので代用(笑)

60年間肉体労働をやり続けて培われた筋肉はとても老人とは思えないレベル。

皮膚は高質化し、蚊に刺されても何も感じず、そのガタイからは想像もできない筋力を発する。

私が中学2年の頃本気で喧嘩したことがあるが、すでに60を超えていたにもかかわらず、私の全力の一撃をその顔面に食らっても平然としていた。

その後にボコボコにされて以来一度も喧嘩してはいないが、二度とやりたくないってこういうことかと実感した。(笑)

それでも祖母には頭が上がらないようで、75歳になる今でも馬車馬のごとくこき使われている。

ゴキブリに対しては見つけ次第、「その拳で粉砕する」。

「気持ち悪くないのか?」という問いに対して「洗えばいい」という至極当然な回答をもらい「悟ってるな」と思わせてくれた。

祖母曰く「死にかけの筋肉」らしい・・・

 

ランキング1位・妹(末っ子)

f:id:neoneetzaki:20160721190413j:plain

私の実の妹である。

なぜ彼女が1位に輝いたかというと専用武器が強力過ぎるためであり、彼女が異常なフィジカルや技術を持っているわけではない。

その専用武器は害虫にのみ有害な毒素を振り撒く薬液で、水で50倍に薄めて使用するのだが、ゴキブリはワンプッシュ(霧吹きの場合)で死に至る。

ちなみに残留するタイプであり、スプレーした場所をゴキブリが歩いただけで次々と死んでいく。

これは彼女が害虫駆除業者の知り合いに譲って貰ったそうで、市販されているものではないようである。

ここまで強力だと「人体に悪影響あるんじゃね?」と聞いたところ、人体には無害であるらしく、原液が皮膚についても全く問題ないとのこと。

彼女曰く「私がこの霧吹きを使ったらスプラトゥーンレベル」とかわけのわからないこと言っていた。

よって現在の一位は彼女である。

 

まとめ

くだらない話にお付き合い頂きありがとうございました。

今後「zaki丸(高火力割り箸鉄砲)」が完成すれば2位以上に滑り込めるかと思います。

あと妹の「謎の薬液」の奪取にも力を入れたいですね。

おわり!!

 

もしお役に立てたり、面白いと感じて頂けたら読者登録お願いします。