SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

授乳中に薬を飲んでも大丈夫なのか?嫁が高熱を出したので調べてみた!

あらゆる疑問 あらゆる疑問-出産

こんにちは!zaki@neoneet_zakiです。

昨日のお昼の事ですが、めったに風邪を引く事のない嫁が高熱を出しました。

ふと体温を計らせてみると40度を超えていて、とにかく熱を下げなければ!

となり、解熱剤をとにかく飲ませようと思ったのです。

でもここで一つの疑問が・・・

 

授乳中って薬飲んだらダメじゃね!?

 

漠然と授乳中は薬飲んだらダメなんじゃないか?

という疑問が湧いてきました。

私の祖母や母に聞いてみたところ、昔は薬飲んだら1週間くらい授乳を避けていたとのこと・・・

 

1週間だと!?

 

それは流石に少しきつい・・・

生後二か月半の長男は、完全に母乳で育っているため、味の問題なのか粉ミルクをあまり飲んでくれない・・・

それに加えて1週間となると家事全般とお姉ちゃん(6歳)の幼稚園の準備や、送迎、長男のお風呂や着替え・・・

これを全て私一人でやりながら、適切なタイミングで食事をあげることはやや困難です。

先人の言う事は従えとありますが、もしかしたら飲んでいい薬もあるんじゃないか?

そう思い調べることに。

 

授乳中に薬を飲んではいけないわけではなかった!

f:id:neoneetzaki:20160915184942j:plain

で、調べてみると授乳中に薬を飲んではいけないわけではなかったことがわかりました。

基本的にママが薬を飲んでも母乳に含まれる薬の成分は、0.5%~1%未満なのでそこまで赤ちゃんに影響はないそうです。

ただ、やはり薬に含まれる成分によっては飲まない方がいいものもあるようで、飲んではいけない市販薬を調べてみました。

 

授乳中に注意が必要な市販薬はこれ!

イブ・イブクイック・ロキソニンなどの頭痛薬

イブやイブクイックに含まれる「イブプロフェン」という成分は医師の許可のもと服用できることがあるそうです。

あくまでも「医師の許可の元」なので、できる限り控えた方がいいでしょう。

ロキソニンは赤ちゃんへの明確な安全性が確立されていないので、服用しない方が良さそうですね。

 

便秘薬・カフェイン配合薬・咳止め薬

便秘薬には基本的に「大黄」という下剤成分が含まれているため、赤ちゃんが下痢になってしまいます。

カフェインも授乳中はあまり摂りすぎると良くないのは、一般的に知られていますね。

咳止め薬も服用可能なものと、そうでないものがあるので基本的には自己判断で服用するのは避けた方が良さそうです。

 

基本的に病院で処方されている薬に関しては、先生に授乳中であることを伝えた上であるならば、医師が判断されるので間違いはないと思いますが、自己判断で服用するのは絶対にやめましょう。

日頃から処方箋を服用しているのであれば、必ず授乳中であることを主治医に伝えてくださいね。

 

授乳中に飲んでもいい市販薬!

授乳中でも飲んでもいい市販薬もあります。

ただ、注意が必要なのは生後1~2ヶ月の赤ちゃんは内臓の機能が発達していないため、ここで飲んでいいとされている薬でも影響を受ける可能性があるようです。

この時期の赤ちゃんがいるママは薬剤師・産婦人科医に相談してから服用するようにしてください。

 

カロナール・タイレノールなどの頭痛薬

この2種類の頭痛薬は服用しても大丈夫なようです。

成分がアセトアミノフェン・スルピリン・インドメタシン・ナプロキセンなどで作られている薬ならばいいようですね。

 

パブロン・パイロン・エスタック・コンタックなどの風邪薬

パブロンは抗ヒスタミン薬が入っていないため、眠くなる、尿が出にくくなるといった作用がありません。

パイロン、エスタックを服用する際にはカフェインが含まれているので、他の物でカフェインを摂りすぎないようにしましょう。

 

市販されている栄養ドリンクは飲み過ぎなければ大丈夫!

基本的に市販されている栄養ドリンクは授乳中に飲んでも大丈夫なようです。

ただ、あくまでも食事で栄養が取れない場合の補助として活用するものですので、食欲があるならば飲まない方がいいでしょうね。

栄養ドリンクは結構な量のカフェインが入ってるものが多いです。

 

服用後2~3時間の授乳は避けること!

薬を飲んだら服用後2~3時間後が、最も母乳中の薬の濃度が上がると言われています。

なので、この時間を避けて授乳しましょう。

薬を飲む前に一度授乳するか、もしくはこの時間だけ粉ミルクで対応すると良いですね。

これを徹底するだけで、赤ちゃんへの影響は殆どなくなります。

 

授乳中にインフルエンザになったら!

授乳中にインフルエンザになっても授乳をやめる必要はありません。

母乳から感染することはないということが、証明されています。

インフルエンザで有名な薬と言えば、「タミフル」ですが、この薬に関しては飲んでも影響はないと言われている方が多いです。

ただ、万が一の事を考えると個人的にはおすすめできません。

人によっては、脳の発達に障害が出る恐れがあるという方もいますからね。

インフルエンザになった場合、吸入薬である「リレンザ」をおすすめします。

 

断乳はできる限りしない方が良い!

f:id:neoneetzaki:20160915185003j:plain

余程副作用のある薬を常用している場合はこの限りではありませんが、基本的に断乳することはおすすめできません。

赤ちゃんは母乳からかなりの免疫力をもらっています。

母乳を飲んでいる赤ちゃんが病気になりづらいのは、このためです。

粉ミルクはあくまでも代用品なので、母乳程の免疫力は得られません。

そして普段母乳で育っている赤ちゃんは、突然断乳されると物凄いストレスを感じてしまいます。

授乳中のママはできる限り、体調管理に気を付けて風邪を引かないように心がけましょうね。

 

最後に

私のように普段家にいる主夫ならば、ママが病気になってもなんとかなりますが、共働きのご家族や、専業主婦の方は、体調を崩すと大変ですよね。

特にインフルエンザなどにかかってしまうと夫婦共倒れになる可能性もありますので、できる限り予防接種などをして対策しておくことをお勧めします。

基本的に薬を飲んで授乳したからといって、赤ちゃんに影響が出ることは殆どないのですが、万が一影響があってからでは遅いです。

ママが風邪を引いたらできるかぎり早く病院にいって、お医者様と相談しましょう。

おわり!!

 

もしお役に立てたり、面白いと感じて頂けたら読者登録お願いします。