SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

人に「期待する」のはいいけど、結果に文句言うのはおかしくね?

こんにちは!zaki@neoneet_zakiです。

今回は、人に「期待する」ことについて考えます。

と言うのも私は、過去に「期待を押し付けられる」という事が多々ありました。

まあ、期待するのは勝手ですけど「結果に文句を言うのは筋違いだろ!!」っていう私の考えです。

1.なぜ「人は人に期待してしまう」のか?

期待する男性

そもそも、なぜ「人は人に期待してしまうのでしょうか」?

これは、私の持論なんですけど「その人に自分の欲望を満たしてほしいから」だと思います。

色々な欲望の種類があると思いますけど。なにかを求めているのは、大きくはずれてはいないと思うんです。

私達の日常だって、期待で溢れてます。部下に期待する上司、生徒に期待する先生、女性に期待する男性、友人に期待する人。もう、キリがないくらい、たくさんあります。

ただ、共通してるのはどれも「何かしらの欲望がある」ということ。

例えば、部下と上司なら、部下が育てば、上司はその部下を育てた。というステータスを得ることができますし、仕事を振ることもできます。

異性間では、その人と親密な関係になりたいという欲望から、期待が生まれますよね?。

 

2.こんなことがありました。

私と友人数人で遊んでいた時の話です。

友人Aとその彼女が電話で喧嘩を始めてしまいました。かなり長いこと話していましたので、それなりに酷い喧嘩だったのでしょう。

そして、友人Aは突然私に電話を渡してきました。しかも無言で......

まあ、恐らく私に仲裁に入ってほしかったのだと思います。

正直、私は他人の恋愛関係に首を突っ込むのは好きじゃないので、嫌々電話を代わりました。

そして、喧嘩の原因などを聞きながら、私なりに喧嘩を鎮静化させようと一時間程話しました。落ち着いたようなので、A君に電話を返してその日は帰宅。

次の日、こんなことになるとは夢にも思いませんでしたよ。

突然家にやってきた友人A

A君「お前のせいで別れることになったんだけど」

はぁ!?

私「俺のせい??どうゆうこと??」

聞けば、私が喧嘩の仲裁をしている間にA君の彼女は私に好意を持ってしまったらしいのです。

ですが、私は彼女を口説いたわけでもありませんし、A君本人の前で話していたのですからそれはA君もわかっているはずです。

それでもA君からすれば、お前ならどうにかできると思ったのに、こんな結果は納得できないということらしい。

まぁ、これは一例ですが。

まとめ.  期待するのは勝手だが、結果に文句を言うんじゃない!

もうね、これが言いたいだけなんですけど人に期待するのは勝手ですよ?でも「結果にとやかく言うなよ」

それがビジネスとしてお互いに契約があれば話は別ですが、日常の中で勝手な期待の押し付けが多すぎます。

「信じてたのにお前のせいで」ってなる人多すぎです。

期待されてる方からしたら「知らんがな」って話ですよ。確かに責任を人に押し付ければ本人は楽でしょうけど。

言いたかったことはこれだけです。

あぁスッキリした。