SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

ネットで本当に仲の良い友達を作るのは無理なのか?

あらゆる疑問 あらゆる疑問-人間関係

こんにちは!zaki@neoneet_zakiです。

ふとネットサーフィンしてたら「ネットで仲の良い友達なんかリアルの友達には及ばないよ!」的な発言を見ました。

なので今回は「ネットで出会った仲の良い友達は幻想なのか?」について考えます。

私自身経験してきて感じていることや、私はこう思います!!っていう考え方をここに書いておきたいのです。

私のネットでの交友関係

ネット友達

私は結構ネトゲをする人間ですので、今までにそれはもう沢山の方々とネット上で知り合い、仲良くなる人もいれば、敵対する人もいました。

今現在、私がネトゲで知り合い特別仲良くしている友達は10人程です(LINEしたりプライベートで連絡とる人数ね)。

内6人は2年以上の付き合いになります。

で、私はネトゲはよくしますけど、そこまでゲームが大好き!!ってレベルではないんです。

ゲーム自体は好きは好きなのですけど、私がゲームする一番の理由は「みんなで喋るのが好きだから」なんです。

じゃあ「スカイプとかラインでよくね?」って思う方もいるでしょうけど、それは私がゲームする理由なので友人がゲームしたいんですからどうしようもありません。(笑)

ちなみにゲームでは喋る人としか基本的に仲良くなりません。

聞き専の方とか喋るのが苦手な方とかもたくさんいらっしゃるでしょうけど、そんな方とは基本的にプライベートで絡むほどの仲になることは少ないですね。

やはり喋る方の方がコミュニケーションが取りやすいですし、何より信用できます。

ある程度喋っていると「この人と私は合わないな」とか「この人はプライベートでも絡みたいな」とかその人と今後付き合ってくかの判断に至るまでが、文章だけのやり取りに比べて遥かに早いんですよね。

私はできるだけ、自分と合う人とたくさん喋りたいので、そこに至るまでに無駄な時間を使いたくないんです。

もちろんこれはVC(ボイスチャット)機能がある場での話ですけどね。

こうやって、ブログとかTwitterなどの文章でのコミュニケーションがメインの場であるならば、そんなことは全く思いません。

文章だけのやり取りでもやはり親しくなった方には、「喋ってみたいな」とかよく思ってますしね。(笑)

ですが、それを相手にいきなり求めるのは「え!?俺そこまで絡むつもり全然ないんだけど?キモッ!」ってなる可能性もあるでしょうから中々ね・・・

ですが、今プライベートで仲良くさせてもらっている友達は本当にかけがえのない大切な友人達です。

ネットで出会った仲の良い友達なんか幻想だよ?

最近ネットでの交友関係で悩んでる人から相談を受けることが多いのですけど、ネット上の付き合いだけでは本当に仲良くなることはできないのでしょうか。

ここでは、「本当に仲良くなるってどういうこと?」みたいな理屈は無しで考えたいと思います。

ネットでの交友関係はリアルで会うと崩れるのか?

崩れる

よく聞くのが「ネットでの交友関係はリアルで会ってしまうと崩れてしまう」これどうなの?って思いますよね。

私は「そんな時もあるでしょう」としか言えません。

会った時にどちらかが相手のことを受け入れられなかったら、友好的な関係は崩れてしまいます。

ネットで知り合った人にはどうしても自分なりの「こんな人なんだろうな」っていう勝手なイメージを作り上げてしまいますからね。

これはコミュニケーション方法でだいぶ変わりますけど、文書だけでコミュニケーションを取らざるを得ないブログなどの媒体は、特にその特色が強く出ます。

VC(ボイスチャット)で喋っていても顔など外見はわかりませんので、やはり勝手なイメージは持ちますよね。

それでも文章だけのやり取りよりは数百倍その人のことを理解しやすいですけどね。

リアルで会うと崩れるかどうかはその人次第でしょう。

会う前に少しでも相手のことを受け入れられないかもしれないと思うなら、根本的に会うべきではないですね。

会う以上は全てを受け入れるつもりで会うべきです。

これは気持ちの問題なので会った時にどんな感情が湧くかは会ってみるまでわかりませんしね。

ネットでの出会いって第一印象がリアルほど強く出ないので、比較的どんな人でも絡んじゃうじゃないですか。

リアルならまず、外見が第一印象になると思うのですけど、その時にある程度自分の中でフィルター通して見てますからね。

そこで「無理だなあ」と思ったらそこまで深入りしないので、中々仲良くならないんですよね。

でも、ネットではその人を判断する基準がめちゃくちゃ少ないです。

そうすると、それなりに時間をかけてその人のことを知っていくしかないわけです。

時間をかければかけるほど、その人の内面を見ていきますよね。

そして、その人のことを好きになるんです。(友人としてね)

リアルだと外見から、ネットでは内面からですから、知っていく順序が逆なんですよね。

で、ネットのフレンドと会うとその時に初めて「リアルなその人の外見を」見るわけですよ。

そこに凄まじい想像とのギャップを感じてしまうのではないでしょうか。

もちろんネットではキャラだって作れますし、ネット上ではめちゃくちゃ元気な人がリアルで会うとめちゃくちゃ暗いなんてのは当然あります。

その逆もしかり、要するになんでも作れてしまう世界ですので、リアルで会うならギャップなんてものは覚悟しとかないとダメなんですよ。

でも、長く付き合っていれば絶対に素を出してきますので、素がわかれば外見で「ええ!?ってなることもないかと・・・(笑)」

そもそも、ネット上でその人と仲良くなったのは、あなたがその人の内面であったりキャラを好きになったのですから、その好きな部分が好きであり続ければ「リアルで会っても崩れることはない」と感じますけどね。

外見で関係が崩れたのなら、それは相手が「性欲や優越感でアナタを見てたんですよ」それならば崩れてもよくないです。?

寧ろその方が人間関係最適化できると思いますけどね私は。

まとめ

個人的にはネットの友達をどういうポジションにするかはあなた次第ってことです。

でも、ネットだからって気持ちで接しているならそれは間違いなく相手に伝わっていますよ。

ネットはネット!リアルはリアル!って割り切って楽しんでいるんなら、それはそれで構わないです。

本当に仲の良い友人を作りたいなら「素直になりなさい」これに尽きます。

本当のあなたで接さないと相手も心を開いてくれませんよ?

自分を理解してもらいたいなら、素の自分を見せないとね!(私も自信ないわ・・・(笑))

おわり!!

 

もしお役に立てたり、面白いと感じて頂けたら読者登録お願いします。