SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

男女の友情は成立するの?答えは限りなく無理!!

あらゆる疑問 あらゆる疑問-人間関係

こんにちは!zaki@neoneet_zakiです。

アナタは男女の友情は成立すると思いますか。?

友人と話していると結構この話題が出るのですが実際どうなのでしょうね。

個人的な見解は「成立しない」です。

今回はその理由をお話しします。

なぜ男女の友情は成立しないの?

男女の友情

そもそも「友情」ってなんなのでしょうか。

まずこの疑問を解決するには友情の定義を知る必要がありますね。

友情とは

友情(ゆうじょう)、共感や信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間関係、もしくはそういった感情のこと。 友達同士の間に生まれる情愛のこと。 しかし、それはすべての友達にあるものではなく、自己犠牲ができるほどの友達関係の中に存在する。

だそうです。

引用しといてあれですが、要するに友達でなくてはならないということですね。

友達以上の行為を行った時点で、もはや友情なんて綺麗事ぬかすなってことです。

ということは友達の定義は?って話になりますので調べました。

友達とは

互いに心を許し合って対等に交わっている人、一緒に遊んだり喋ったりする親しい人。

だそうです。

ですが、この「友達」という定義は個人の感覚でかなり変わるものですので、一概に決めつけるのは難しいですよね。

私はこう思う、俺はこうだってなるのは目に見えてますから、ここでは私の基準で友達には抱かない、行為や想いを基準にします。

友達には抱かない行為や想い
恋愛感情

抱きませんよね?これを感じてしまったらその時点で友情うんぬんではなくなります。

独占欲や支配欲

これも抱かないですよね?これを思うと対等な関係ではなくなりますから、その時点で友達とは言えないでしょう。

性欲

同性であれば基本的には抱かないものです。(例外もありますが)

ここが「男女の友情」を成立させるためにもっとも重要になるところではないでしょうか。

男女の友情を成立させるためには

恋愛感情

今回はこの3つの感情を抱かなければ男女の友情は成立するということで話を進めます。

1.恋愛感情

2.独占欲

3.性欲

恋愛感情

恋愛感情を抱かないことが、男女の友情を成立させるために必須項目です。

ですが、これは中々に難しい問題です。そもそも何が恋愛感情なのか?って話になりますからね。

心理学的には「性的な欲求を感じる相手との、心の触れ合いを求める人間関係」を恋愛感情としています。

ということはどちらか片方が欠落している場合、それは「恋愛感情」とはなりえないのです。

性的な欲求と、心の触れ合いを求めるという欲求。この二つの欲求が存在して恋愛感情となるわけです。

これを抱かないことがどれほど難しいのかわかるでしょう。

人間というのは自分のDNAを後世に残すために人を好きになります。

同性同士ではいくら恋愛感情があっても自分の子孫を残すことはできませんよね。

だから異性を好きになるのです。

ですが人間は知能が高いので、人を好きになる理由を性欲のせいにはしない傾向があります。

そう思いたくないからという想いでいろんな理由を付けますが、どんなに綺麗ごとを言っても人を好きになるのは自分の子孫を残すためなのです。

これは遺伝子レベルで刻まれている習性なので、どれだけ否定したくても無理なんですよ。

いかに恋愛感情を抱かないのが難しいのかおわかりいただけましたか?。

独占欲

そして独占欲、独占欲を簡単に言えば「ひとりじめしたい欲求」です。

これは恋愛感情から発生することもあれば、独占欲から恋愛感情に発展することもあります。

なにが厄介なのかというと、1~3の欲求はすべてループしていくことがあるからです。

基本的には性欲からスタートするのですが、その後の感情や欲求はどこからでも派生する可能性があるんですね。

そしてこの独占欲は好きな人に対しては誰しもが大なり小なり持っているものです。

これが強すぎると「束縛」という状態になりますね。

例えば、友情を成立させたい異性の人がいて、その人に全く嫉妬しないで付き合い続けることができますか。?

人間は何かを失うのをひどく恐れます。

これって仲良くなればなるほど抱いてしまう感情なんですよ。

私は俺はあなたの一番の友達って思うと、片方にパートナーできたり、自分を優先してくれなくなったりするとどうしても不満に感じる部分が出てくるんですね。

その気持ちを相手にぶつけてしまうと、そこから一気に関係が崩れることがよくあります。

どちらかにこのような感情が芽生えた時点で男女の友情は成立しなくなるのです。

性欲

極論を言えば性欲さえなければ、他の感情に発展することはほぼないと言っていいです。

この欲求があるから人間は異性に恋をするのですからね。

ですが健全な男女で性欲が湧かないというのは少々無理があります。

男女の関係と言うのはどんなに友達だと思っていても、片方が僅かでも、男らしさや女らしさを感じた瞬間に、それまで感じていなかった、感情が湧き出てきます。

ここで重要なのは性欲を感じても、理性で我慢することはできるので、思うだけならば、友情は成立してると言えるのでは?ということです。

ですが、同性同士の親友に性欲を感じることがありますか。?

例外を除けばまず湧かない欲求ですよね。

なので頭にその感情が芽生えた時点で男女の友情が成立しているとは言えないです。

まとめ

やはり男女の友情は凄く特別な条件下でのみ成立する可能性はあるが、その可能性は限りなく低いものだという結論になりました。

これは人による線引きで見解は大きく変わるでしょうが、私としては限りなくありえないと考えますね。

人間は自分が想う感情を完全にコントロールすることはできませんのでね。

おわり!!