SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとふり

独断と偏見の雑記だよ!

【速読】文字を読むのが速いのはどのくらい得なのか?

おすすめグッズ おすすめグッズ-本

こんにちは!zaki@neoneet_zakiです。

私は本を読むのが速いです。

幼いころから本を読みまくっていたら勝手に「速読」できるようになっていたんですけど、最初は自分が本を読むのが速いなんて自覚していませんでした。

気付いたのは友人に指摘されたのがきっかけです。

ある日友人とネカフェに行って同じ部屋で本を読んでいた時のことです。

 

私は一冊の単行本を読むのに大体5分~10分(文字数にもよりますが)くらいなんですけど、同じ作品を読んでいて後から私が読み始めた場合、5・6巻遅れて読み始めてもすぐに追いついてしまうのです。

その時は自分が読むのが速いのではなくて、友人が読むのが遅いだけと思っていたんですね。

で、それから人の読むスピードを意識するようになったのですけどこれがみんな思っているより遥かに遅くて驚いたんです。

気になった私は友人に聞いてみたんですね。

私「ねえ、なんでそんなに読むの遅いの?」

友人「いや、別に遅くないから!お前が速すぎるだけだよ!」

事あるごとにこう言われるので、そこでやっと自覚しました。

「俺って本読むの速いのか!!」ってね。

勿論、「速読できる」とは言っても瞬間記憶能力のようなものではないので、ページをパラパラ~とめくれば読めました!みたいな超人的なものではありません。

速読って具体的にどのくらいの速さよ?

速度って具体的にどのくらいの速さで読めればよいのでしょうか。

色んなサイトを回って調べてみたところ「1分間に5000文字」読めれば速読と言えるようです。

え?1分間に5000文字!?

これ、一般的な人からしたら爆速なんてものではありませんよね。(笑)

5000文字の文章を1分で読めるってことは、殆どのブログの記事は20秒足らずで読めてしまうことになるので、滞在時間がエグイことになりますね。

私も1分間に5000文字は無理です。

さっき計ったところ1分間で2000文字でした。

読書速度測定 | 株式会社ザイナス:大分のシステム開発会社

ここで測れるので試してみるといいかもです。(一般を選択してくださいね)

速読できるといい事があるのか?

さて、ぶっちゃけ速読できるとどのくらい良い事があるのでしょうか。?

私の読む速さは「速読としては下の下の下」ですが、それでも平均的な人よりは3倍以上くらい速いので、私が思うメリットを書いていきます。

人より効率的に読書ができる

同じ時間読書するならば、読むスピードが速い方が多くの本を読めますよね。

その分、より多くの知識や楽しみを取り込むことができます。

 

時間に余裕ができる

日常的に読むことが多い人は、それだけ他のことに時間を使えるようになりますよね。

その時間をさらに読書にあててもいいし、なにか他のことに使うのも自由です。

やっぱり「時間」というものはお金では買えないものだから、限りある時間をできるかぎり有意義に使える方が人生楽しいでしょ。!

 

情報収集が上手くなる

速読って個人的には「多くの情報の中から、必要な情報にたどり着くまでの時間の短縮」に最も貢献するって感じています。

ストーリー性がある文章や、物凄く難しい内容を速読で読んでしまうのは人によっては時間の無駄ですしね。

内容が理解できて、インプットできるのであれば、読むのは速ければ速いほどいいと思いますが、殆どの人は1分間5000文字読みながらその内容を理解し、記憶するなんてのは無理です。

でも、一つの書物の中で自分に必要な情報ってそこまで多くはないじゃないですか。

だったら、必要な情報のみ拾っていければいいわけですから、そんな時に「速読の」技術は役に立ちます。

 

速読のやり方を本当に語れるのは、後天的に速読を覚えた人だけ

速読できる人には大きく分けて3つのタイプがあると思います。

1.子供のころから自然に速読が身についていた人。(私はこのタイプ)

2.速読が必須な状況に迫られて、いつの間にかできるようになった人。

3.意識的に「覚えよう」として身につけた人。

で、この中で「速読ってどうやったらできるようになるの」?って聞かれた時に「それはね!こうして、こうやって、こうやればいいんだよ!」って語れるのは(3)の人だと思うんです。

(1)、(2)の人って自分で自分が「速読できる」って気付いていない人が多いのですよ。

だっていつの間にか自然にできてたことですから、できてない時の感覚がわからないんです。

だから速読ができるようになりたい人に「どうやったらできるようになるの」?とか聞かれても、「えっ?それは・・・どうやって覚えたっけ」?ってなるわけです。

だから、客観的なメリットとかは語れても、「こうすればできるようになるよ!」っていう教え方はわからないんですね。

もし、速読を身につけたいと思うなら「努力してできるようになった人」に聞くのが最も近道だと思いますよ。

 

まとめ

個人的に私が言えるのは「読めば読むほど早くなるよ」!ってことです。

勿論効率の良い速読の練習の仕方などはあるのでしょうが、私は練習して速くなったわけではないのでわかりません。

ただ、読書量だけでも相当読むスピードは上がります。(私は1年間ほぼ毎日10時間読んでいる時期がありました。)

もし、時間に余裕のある学生さんなどは、あまり速く読もうと意識するより、楽しんで本を読んでください。

その方が本を読むことが嫌いになることはないですし、いつの間にか読む速さは確実に速くなっていますから。

おわり!!

 

もしお役に立てたり、面白いと感じて頂けたら読者登録お願いします。